「出会いと別れ」男女の恋愛について
ほとんどの恋愛は分れを迎えてしまうもの、それでも人は恋をする!

過去に未練たらしい男|過去をすっぱり斬り捨てる女、この違いは何? 2014年9月30日

恋人と別れて復縁を考える人って、
女性よりも、男性の方が多いそうですね。

また、たとえ復縁したいとまで考えなくても、
男性は前につき合っていた女性を忘れることは出来ないそうです。

よく男女の恋愛状況をPCやトランプに例えられていますが、
PCの場合、「男性は新しいフォルダを作り、女性は上書き保存をする」というものです。
つまり、男性は恋愛をするたびに新しくフォルダが増えていくので、
3回恋をしたら3つのファイルが存在することになるという事になります。

一方、女性は恋愛をするたびに、
既存の同じフォルダ内に、次々と男性情報を更新していく事になります。

またトランプの例えでいうと、
男性はカード(女性)を一枚ずつ広げてズラーッと並べますが、
女性は一枚のカード(男性)の上に、 次のカードをどんどん重ねて置いていくのです。

面白い例えだと思いませんか?
もちろんこのような恋愛パターンに、
全ての人が当てはまるわけではないと思いますが、
脳の構造の違いでしょうか、
男性の方が、過去の思い出を引きずりやすいと言われていますね。

女性は「彼のナンバーワンになりたい!」と思っても、
彼の中では、過去から現在までの女性が未だに存在していて、
順位がつかないことも多々あるかもしれません。
なので、彼氏には「今までの中で誰が一番好き?」なんて、 なるべく聞かない方が良いかもしれません。

彼氏の携帯に、元カノの連絡先が登録されていても、
実際にやり取りをしたり会っているのでなければ、
見て見ぬふりをした方が良いと思います。
男は、なかなかそういう物は消せないのです。
(ただし本当に連絡を取っている男もいるので気をつけましょう)

男が過去に未練たらしいのは、 脳の構造上、
ある意味仕方がないことかもしれません。

そして、女性もやはり過去の恋愛の事を思い出すこともあるでしょう。
上書き保存せずに、フォルダを作っておくことも、
もしかしたら必要かもしれませんよ。

Comments (0)
Categories: 未分類

今思えば、「なんであんなことをしてしまったんだろう」失敗談

皆さんは、恋愛において
「やめておけばよかった」というような経験はしたことがありますか?

たぶん、男性でも女性でも、若い頃は特に
「何であんな事をしてしまったんだろう」
というような経験をしたことはあると思います。

私も10代から20代にかけては、
「良い思い出になったなぁ」とは言い難いような恥ずかしい経験を沢山しています。

今、思い出して一番恥ずかしい経験は、
中学生の頃にやってしまったことです。

その日はバレンタインデーの前日でした。
私は好きな男の子が帰ったのを確認してから、
彼の靴箱に、チョコレートと手紙を入れたのです。

よく漫画ではそういったシチュエーションはあるのですが、
私の学校の靴箱は扉が付いて無いので、
本人以外の人物からも、中は丸見えになってしまいます。

それがマズかったのです。
その後、その手紙は他の人物の手によって抜き取られてしまったのです。

次の日、私が学校に行くと、
友達が慌てて呼びに来るので行ってみると、
なんと学年掲示板に、私の書いた手紙が貼られていました。

宛名と差出人の名前が入っているので、
誰が書いた手紙なのかは、バレバレ。

私は恥ずかしさのあまり卒倒しそうになりました。

友達はどうしたら良いのか分からない顔で、
「掲示板に貼るなんて大胆な告白だなぁと思った。」
と言うので、
「そんなわけないじゃない!」
「だよねぇ。」

幸い(?)彼はその手紙の存在を知らなかったようですが、
私のラブレター事件は、かなりウワサになってしまいました。

今思い出しても、この事は人生の汚点で、
「靴箱なんかに入れるんじゃなかった」と後悔しか残っていません。

それからの恋愛経験の中で、
私は色々恥ずかしいこともしてきましたが、
この時のラブレター事件は、一番の失敗談だと言えると思います。

Comments (0)
Categories: 未分類

付きあう前の彼、付きあった後の彼、想像とは違っていました。

TVの街角アンケートなどで、
「結婚後に分かった相手の本性」
といったテーマでマイクを向けると、
「結婚するまで、こんなにズボラだとは知らなかった!」
そんな事を言っている人が時々います。

こんな風に、実際に結婚するまで分からない相手の素顔ってありますよね。

同じように恋愛においても、
つき合うまでは想像できなかった相手の姿はあると思います。

派手で遊んでいるような女性が、
意外にも、デートでお弁当を作ってきてくれて家庭的な一面を見せるとか、
相手のイメージが、良い風に変わるというのは素敵ですが・・・

つき合ったとたん、
相手のイメージが大幅にダウンしてしまって、
どうしたらいいのか分からなくなる事もあるかもしれません。

私も、デート中にあった事柄で、
彼に幻滅した記憶があります。

例えば、彼氏が老人に道を尋ねられて、
「知らない」と答えていたのに、

しばらくして、
「知ってたけど、教えるのが面倒くさかった」
と笑いながら言ったときは、少し驚きました。

私が、
「知ってるなら教えてあげるべきだと思うよ」
と反論すると、
「何で俺が知らないバアサンに親切にしなきゃいけないんだよ」

そういって彼の機嫌は悪くなり、
何となく言い合いになって、
その日はケンカ別れをしてしまいました。

彼は、優しい男性だと思っていたのに、
実は優しいのは、自分の身内や知り合いに対してだけで、
知らない人にはビックリするくらい冷淡になれる人でした。

しかも都合が悪くなると、人のせいにして、
自分は悪くないんだと主張をするんです。

そんな彼の性格はつき合うまでは知らなかったので、
かなりショックを受けました。

もし今、恋人を探している人がいたら、
相手のイメージは、つき合う前とつき合った後で変わることがあるので、
気をつけた方が良いかもしれませんよ。

Comments (0)
Categories: 未分類

あの男と復縁は絶対にありえません・・・

皆さんは、恋人と別れた後に復縁したことはありますか?

ある雑誌の調査によると、
意外にも、けっこう沢山の数の人が、
復縁を経験しているそうなんですね。
しかも復縁を迫るのは男性の方が多いみたいです。

確かに女性にも、昔の恋人を忘れられない人はいると思います。
好きなのに一方的に別れを告げられたり、
何かの理由で別れなければならない場合は、
気持ちの整理がつかなくて、
思い引きずってしまう事はあるでしょう。

もちろんお互いに
「やっぱり復縁したい!」と願うのであれば、
ヨリを戻しても良いと思います。
たとえ周囲を巻き込んで大騒ぎしていたとしても、
みんな呆れながらも祝福してくれるに違いありません。

でも、やはり復縁しない方が良いパターンであるそうですね。

復縁しても良いケースは、
例えば相手の一時の気の迷い(浮気)です。

浮気を繰り返すような軽い男はいけませんが、
つい他の女性と仲良くしてしまい、
「やっぱりお前の方が好きだった!」
というのはOKパターンなんだそうです。

一方、復縁しない方が良いのは、
金遣いの荒く、パチンコやギャンブルが原因で別れたケースです。
酒癖が悪くてDVなどが原因の場合もよくありません。

私も、見栄っ張りでブランド志向のために、
借金ばかりしているような男とつき合った経験がありますが、
あの男とだけは絶対に復縁したくないと思いました。
(そういう男に限って、復縁を迫ってくるんですよね~)

お金もかなり貸していたので、
別れた後に、
「返すから会ってくれないか?」
と言うので、待ち合わせ場所に行くと、
何食わぬ顔でデートしようとするのです。
そんな事の繰り返しで、結局返してもらえなかったんですよね。

最後は電話を無視していたので、
もしかしたら返す意思があったのかもしれませんが・・・
もう信じられませんでした。

あの男との恋愛は思い出したくもないし、
復縁なんて絶対にありえないですね。

本気で復縁したいと考える男性は自分本位な考え方になってしまう。
復縁マニュアルランキングで紹介されている教材などを買って一度勉強してほしいものです。

Comments (0)
Categories: 未分類

高校に入って、初めて「いいな」と思ったカレ

私が高校生になって、初めて好きになった子は、
初恋の男の子に似ていました。

彼は部活の1つ上の先輩で、
同じクラブの子が「カッコいい」とウワサしていたので、
彼を意識しはじめたような気がします。

初めは、顔を見て「あ、いいな」と思うくらいだったのですが、
クールな態度を取りながらも、
実はけっこう面倒見が良くて優しいという所が、
初恋の男の子に似てるなぁ~と気づいてしまいました。

どちらかというと無口なタイプで、
いつも1人で窓の外を見て、
一見、怒っているような顔をしているけど、
話しかけると、笑いかけてくれます。
その表情のギャップが好きでした。

初恋の男の子に似ていたから、彼を好きになったのか、
たまたま好きになった人が似ていたのかは、分かりませんが・・・。

私は彼の事が好きになってしまったのです。

つき合うようになったキッカケは、
休みの日に街の本屋さんでバッタリ会ったこと。

私は友達と遊ぶ約束をしていたんだけど、
急にキャンセルされて、仕方ないのでブラブラしていたら、
前から見たことある男性が歩いてきたのです。

「先輩!」
と声をかけると、ビックリした顔で振り向く彼。
「先輩、1人ですか?」
「1人だよ。映画でも見ようかなと思って・・・」

友達にキャンセルされたことを話すと、
「じゃあ、昼飯でも一緒に食う?」
と言われて、なんだかデートみたいになってしまったのです。

初めて入ったのはサンドイッチのお店。
私は緊張のあまり、アイスティーをこぼしてしまったり、
サイドイッチの辛子で咳き込んだり、
恥ずかしいことばかりしてしまいました。

彼は、そんな私をちょっと呆れた顔で見ていたようです。

その後、2人で見た映画は内容すら覚えていません。
今思い出しても、懐かしい思い出です。

彼とはそれから4年くらい付き合って、
色々なことがあったけど、
出会った頃が、一番良い時期だったのかもしれませんね。

Comments (0)
Categories: 未分類

今も忘れられない、中学時代の一途な恋 2014年9月29日

 

私が、小学生の頃から仲が良かった男の子の事を、
好きだと気づいたのは中学生になってからでした。

それまでずっと一緒だったクラスが離れ離れになり、
他の小学校からの生徒も混じったために、
お互いに全く違う友達関係を持つようになったのです。

それでも、私は彼のクラスをたまに訪れて、
教科書などを借りたりしていたのですが、
「2人はつき合ってるんじゃないの?」とからかわれてしまい、
恥ずかしくて距離を置くようになってしまいました。

会わなくなってからは、休み時間に見かけると嬉しくて、
移動教室の時も、わざわざ遠回りして彼の教室の前を行きました。
放課後も友達を待つふりをして、下駄箱で待ち伏せ。
いつも彼を探していたような気がします。

廊下ですれ違うと、
彼が私に気づいて一瞬動きを止めるので、
私も軽く笑みを浮かべて、通り過ぎます。

たったそれだけの事が、すごく嬉しかったのです。

しかし・・・
ある日、彼は同じクラスの女の子と登下校を一緒にするようになりました。

私は、別のクラスの女子から、
「○○くんとつき合ってるんじゃなかったの?」
と聞かれたので、
「まさか~。小学校が同じだっただけよ」
そう明るく返しました。

・・・が、内心は泣きそうで。
また彼と仲良く話せる日が来るんじゃないかと思っていたのに、
絶望的な気持ちになったことを覚えています。

それからは私は彼を避けるようになり、
ほとんど会うこともなく、卒業式を迎えました。

この時の彼のことは、今でも何となく忘れられません。

もしかしてつき合っていれば、嫌いになって別れたかもしれないのに、
思い半ばで終わった恋。
せめて思いを打ち明けていれば違ったのでしょうか。

好きなのに、恋人同士になれなかった男性は、
どうしてこんなに胸を締め付ける存在になるのでしょうね。

 

Comments (0)
Categories: 未分類

私が初めて恋をしたのは小学1年のときでした。。。 2014年9月26日

先日、たまたまTVをつけていて、
聞き覚えのある名前にドキッとしました。

思わず、TVの男性の顔をマジマジと見て、
「違う・・・」とつぶやいてしまいました。

・・・というのも、私の初恋の男の子と同姓同名だったからです。
当たり前ですが、本人ではありませんでした。(笑)

私の初恋は小学1年のとき。
(もっともそれが恋だと気づいたのは、ずっと後になってからですが。)
同じ学年の男の子で、中学卒業するまで片思いをしていました。

小学生の頃は、よく隣の席になったので、
休み時間もずっと一緒に遊んでいたような気がします。
子供ながらも「大きくなったら結婚しよう」なんて言いながら、
こっそり手を繋いだ事もあります。

でも、中学生になってクラスが離れてしまうと、
恥ずかしさもあって、あまり話す機会がなくなりました。

私と彼がデキているという噂が広まってしまって、
ちょうど多感な年齢でもあったので、
その噂を否定するかのようにお互い避けるようになってしまったのです。

それから数ヶ月たった頃、
彼と別のクラスの女の子が、毎日一緒に帰っているのを見かけるようになりました。

そして卒業式の日。
第二ボタンを貰いに行こうと思ったけど、勇気が出なくて、
そのまま私は友達と帰ってしまったのです。

家に帰ると、親から「○○くんから電話があったよ」と言われて、
ドキドキしながら、再び電話が来るのを待っていたけど、
もうかかってこなかったのです。

彼とはそれっきり会っていません。

私の初恋はそこで終わりました。
初恋は実らないって本当なんですね。

時々、フェイスブックなんかで探してみようかなぁと思う時はあるけど、
きっと思い出はそのままにしている方がキレイですよね。

Comments (0)
Categories: 未分類